会社概要

概要

  • 本社所在地 〒835 -0011
    福岡県みやま市瀬高町松田630-1
    Tel.0944-63-4840(代)
    Fax.0944-64-1004
  • 役員 代表取締役社長  濵地 信
    代表取締役会長  濵地 誠二
    取締役相談役   濵地 聖
    監査役      長府 國夫
  • 資本金 3,200万円
  • 従業員数 76名
  • 主要取引銀行 筑邦銀行瀬高支店
    福岡銀行瀬高支店
    三井住友銀行大牟田支店
    福岡銀行新宮支店
    佐賀銀行箱崎支店
  • 事業内容 ガラス製体積計・理化学分析用硝子器具
    工業用硝子製品の製造
    科学機器・理化学用消耗品の販売
    硝子及びその他素材のエッチング加工並びに販売
    化学工業薬品の製造販売
    板硝子の加工及び販売

所在地

  • 新宮事業所 〒811-0123
    福岡県糟屋郡新宮町上府北3-8-17[MAP
    Tel.092-962-1011(代)
    Fax.092-962-1031
    新宮事業所地図
  • みやま事業所 〒835-0011
    福岡県みやま市瀬高町松田630-1[MAP
    Tel.0944-63-4840(代)
    Fax.0944-64-1004
    みやま事業所地図
  • 筑後事業所 〒833-0055
    福岡県筑後市熊野82-17[MAP
    Tel.0942-51-1200(代)
    Fax.0942-51-1201
    筑後事業所地図

沿革

  • 昭和7年 八幡市(現北九州市)に株式会社濵地商店を創業
  • 昭和12年 八幡市(現北九州市)にて「濵地製作所」創業。
    機械工具、度量衡器、理化学用硝子器の
    納入販売を開始
  • 昭和14年 化学用体積計、硝子枡の製作を開始
  • 昭和20年 第二次世界大戦のため、福岡県山門郡
    瀬高町(現みやま市)に工場疎開
  • 昭和21年 通産省から化学用体積計、硝子枡の製造許可を受ける
  • 株式会社クライミング

    昭和35年
    社名を「株式会社冨士製作所」に改称
    昭和46年
    岩城硝子株式会社と契約を締結し、協力工場として委託加工を受ける
    昭和54年
    資本金を1,200万円に増資
    昭和62年
    福岡市東区福岡流通センターに営業本部開設
    昭和63年
    資本金を2,400万円に増資
    平成9年
    理化学分析用硝子器具製造業の有限会社山口理研を吸収合併し、
    社名を「株式会社クライミング」に改称
    平成10年
    資本金を3,200万円に増資
    平成11年
    福岡県筑後市熊野に筑後工場建設、商品センター開設
    平成12年
    瀬高工場 日本工業規格(JIS)表示認定を受ける
    平成15年
    ISO9001(品質マネジメントシステム)、
    ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を全部門で取得する
    平成20年
    ダイワテック株式会社を完全子会社化
    電子硝子機材部をダイワテック株式会社より移管
    平成22年
    福岡県糟屋郡新宮町に営業本部、商品センターを移転統合
    筑後工場 日本工業規格(JIS)表示認定を受ける
    平成28年
    ダイワテック株式会社を吸収合併
  • ダイワテック株式会社

    昭和31年
    福岡市に有限会社大和製作所を設立
    昭和34年
    株式会社大和製作所に組織変更
    昭和35年
    福岡市博多区東光寺に本社工場建設
    昭和36年
    日本プリント硝子工業会に入会し、多色曲面印刷の特許権を得る
    昭和41年
    佐々木硝子株式会社の協力工場として、二次加工製品を量産
    昭和48年
    公害防止条例に従い、大規模廃液と廃ガス処理施設を完備
    昭和51年
    特殊化学薬品製造部門を開設し、酸洗剤表面処理薬品を開発
    昭和61年
    福岡県糟屋郡新宮町に本社屋・工場を建設移転
    昭和63年
    板硝子加工部門を新設しサンドブラスト、酸処理、フロスト硝子の製造を開始
    平成元年
    社名をダイワテック株式会社に改称
    平成3年
    板硝子部門の工場を拡張し、大判硝子加工の需要に対応
    平成5年
    大型自動サンドブラスト機設置、BC(大判ケミカルエッチング)を開発
    平成15年
    電子硝子機材部を新設し、有機ELパネルの開発と量産加工
    平成20年
    創業時の兄弟会社である株式会社クライミングと経営統合