みやま事業所

国内トップクラスの生産量と品質技術を誇るガラス体積計の専門工場。

ガラス体積計メーカーとして全国有数の歴史と生産量を誇る工場です。
約40名のスタッフが製造及び検査業務に従事しております。
ガラス管を原材料として、切断、成形、目盛の印刷までを一貫して行っているのが特色です。
JISR3505(ガラス体積計)の日本工業規格表示(JISマーク)認定工場として品質管理にも力を注いでおります。
専門の機械は市販されていないため、工場で活躍している機械設備は全て、各作業者のアイデアや改善により生み出されたオリジナル装置です。又品質向上の作業改善活動も、小集団活動を通して活発に行っています。

miyama.jpg

setaka02.jpg

責任者 吉武部長

工場の事業概要

みやま事業所では、理化学用ガラス製体積計の製造を行っています。(主力製品)
ガラス製体積計は、主に化学分析用・実験用、医療研究用に用いられるガラス器具で、液体の体積を計る機能を持ちます。体積計には容量を示す目盛が有り、それは簡易な目安目盛等では無く、JIS規格・ISO規格に基き計測された、正確な目盛が付されています。
みやま事業所は、全国でも珍しいガラス製体積計専門工場で、管理された職場環境にて、生地から一貫生産をしています。
お客様は、国内の様々な企業や公的機関で、研究や開発・教育等に幅広く用いられて、携わられる方々の、お役に立てているものと思います。

事業所の雰囲気について

みやま事業所で働く人は現35名で、福岡県の南部みやま市に在り、卑弥呼の里とも伝わる環境から、落ち着いた人が多い様に思います。ガラスを加工する工場ですが、メンバーの約6割は女性陣で構成されていますので、いわゆるガラス加工場という感じではありません。
一般にガラス工場のイメージは、ガラスが解けた釜(溶解炉)があり、いかつい男性が溶けたガラスを竿に巻き取り頬を膨らませている・・その様な感じであろうと思いますが、弊社には釜場も無く、その様な想像とは少し違うと思います。場内では溶けたガラスから製品を作るのではなく、耐熱ガラスパイプの必要な部分だけを溶かして加工を施し、製品を作り上げています。一見すると、何かの部品工場の様に見えるかもしれません。
また敷地内には苔庭があり、四季折々の風情で私たちの心を癒してくれます。(手入れは大変ですが。)
雰囲気は一言でいうと、いわゆる田舎の落ち着いた工場と言えるかもしれません。

特徴

国内でも珍しいガラス製体積計の工場である事から、その生産する自動機械や道具まで、自社開発した設備が多く有り、そのオリジナリティーのある機械類は多くの評価を頂いています。
最近では、メスフラスコ用印刷機、(目盛とマークを連続で印刷)ピペット用ノズル加工機、(視覚カメラを用いて、加工~検査までを自動的に行います。)等を開発しています。
作業の工程管理はデータで行い、自動加工機械も数値管理して、各工程は高い再現性を持っています。
又、女性が多い事から、工場内は全て空調され、作業も出来るだけ軽作業になる様工夫して、作業環境にも気を配っています。その他、古びた設備も手入れをして、長く使っている処も自慢できる事です。
管理面では、JIS、ISO(品質・環境)の認証工場である事から、決めた事、決められた事はしっかりと実施しています。

気を付けていること

仮に、分析や研究等の場にメスフラスコやピペット等の体積計が無く、正確な量の液体が必要な場合が生じた時、その計量作業は大変難しい作業になるだろうと想像します。
よって体積計は、分析や研究に携わるお客様にとって、とても重要で便利な道具であり、無くては成らない物であろうと思います。私達は微力ではあっても、そのお役に立てているプライドから、例えお客様に気付いて頂けない部分の品質であっても、道具を改良し、時には設備を開発して、その品質を向上出来れば良いと考えています。

社員活動や地域活動

毎週金曜日には、朝全員で外回りの清掃を行っています。みやま市は環境の良い処で、草木も成長が早い様で、除草作業、掃き掃除は気を抜けない所です。
工場の周りには、自慢の苔庭を中心に色々な樹木があり整えた後は、とても充実感があります。また掃き掃除中に交わす学生との挨拶も気持ちが良いものです。
社員活動について、工場には担当する仕事毎に5つのグループがあって、其々の活動を行っています。他にも、QCグループ単位での活動や、若手グループの勉強会なども行っています。

今後の展望

近年、国内の物作りをする企業が苦戦する中、弊社と同業企業も、続け様に倒産・廃業する所が出ており、例え歴史があり実績を積んでいる企業であっても、油断は出来ない状況にある様です。
お陰様で、みやま事業所は社内でも比較的安定した生産状況を、長年に渡り続けられていますが、最近は、その物づくりの環境も緩やかに変化している様で、今後も緩み無くその対応を進めて行きます。
みやま事業所は、その特徴(前記 機械開発・管理技術など)を活かし、加速して高い品質を基に、お客様の満足を頂く事で更なる物作りの進歩をして行きますので、更なるご愛顧をよろしくお願い致します。

yoshitake.jpg

member_miyama.jpg